2010年10月09日

HIVエイズ<症状>

HIV感染とは

ヒト免疫不全ウイルスに感染することを指します。

エイズとは

HIV感染によるウイルス感染症で、免疫不全を起こし、日和見感染(ひよりみかんせん)や悪性腫瘍(しゅよう)などを発症してくる症候群を指します。



感染初期(感染後2〜4週間)

・発熱

・喉の痛み

・倦怠感

・筋肉痛

いずれも風邪を引いたような症状が出る場合がある。

この時点では検査を受けても陽性反応が出ない

感染してるかどうかを調べるには
   ↓  ↓  ↓  ↓
性行為など可能性のあった日から3ヶ月以降経過してから

 病院で検査を受ける場合も検査キットを使用する場合も→ 

          ヶ月以降経過してから


無症候期(感染後5〜10年ほど)

症状も無いので検査しなければ本人も気付く事が出来ません。

全く症状が無い期間が5〜10年続きます。

この期間が1番危険な時期…

知らずに他の人に感染を拡げてしまう可能性が大きい

症状が出なくても体内ではHIVが増加しリンパ球が減少し

免疫力が少しずつ低下していきます。

人によっては帯状疱疹が出ることもあります。

症状の無い期間は人によって差があり
1〜2年以内にエイズを発症する場合や15年経っても症状が出ない場合があります。


エイズ発症

免疫力がさらに低下してエイズ発症が近づくと

・しつこい下痢

・ひどい寝汗

・理由の無い急激な体重減少


などがおきます。

健康な人では問題にならない種類のカビ・原虫・細菌・ウイルスなどによる日和見感染症や悪性腫瘍・神経障害など様々な症状を引き起こします。

この様々な症状を総称して

エイズ(後天性免疫不全症候群)といいます。

posted by 検査の花子 at 00:16| Comment(3) | HIVエイズ<症状・治療> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。